フードデリバリーの動向まとめブログ

海外・国内のフードデリバリーの動向ニュースをまとめてます

Uber Eatsが配達ネットワークを提供するサービス「Uber Direct」を開始

Uber Eatsがパートナー企業に配達ネットワークを提供するサービス「Uber Direct」を開始しました。

デリバリーサービス「Uber Eats(ウーバー イーツ)」を運営するUber Japanは10月25日、Webサイトなどで商品を販売する企業がUber Eatsの配達ネットワークを活用し商品を届ける「Uber Direct(ウーバー ダイレクト)」のサービス提供を国内で初めて開始すると発表した。

news.biglobe.ne.jp

従来はウーバーイーツのアプリで買い物をされた方の配達に限られていたウーバーイーツ配達員による配達業務が、ウーバーイーツのアプリ外の注文にも対応するというもの。

例えば、Aというショップの買い物であっても、ウーバーダイレクトと提携しているのなら、そのショップの配達を請け負ってくれるというものです。

将来性が期待できるサービス

深みと将来性のある面白いサービスであることは間違いがなさそうです。


ウーバーイーツに加盟しなければウーバーイーツの配達ネットワークが利用できないという縛りは、どうしてもお店様を他店との競争に晒すことになり、場合によっては顧客を奪われる恐れもありました。

そのようなウーバーイーツプラットフォームのデメリットを避けたい方には、まさにうってつけのサービスとも言えます。

今後の展開が楽しみなサービスです。