フードデリバリーの動向まとめブログ

海外・国内のフードデリバリーの動向ニュースをまとめてます

ロケーション・インテリジェンスの仕組みと今後

フードデリバリーはロケーション・インテリジェンスがメインのビジネスと言っても過言ではありません。

そんなロケーション・インテリジェンスにおけるAIはどんな役割を現在果たしているのかという記事がありましたので紹介させていただきます。

ロケーション・インテリジェンスの仕組み

ロケーション・インテリジェンスと呼ばれる位置情報データに基づくAI開発は今後しばらく成長が続き、2024年までには228億ドル規模にまで成長すると言われています。

そのロケーション・インテリジェンスの恩恵を受けているのがフードデリバリー企業で、次のような側面で非常に強いつながりを持っています。

  • 早く配達するための最適なルートとそれを実現できる配達パートナーの確保
  • 顧客データと配送データに基づいて適切なマーケティングアプローチ
  • 現在の交通状況に基づいた予測
  • 過去の注文データに基づいたペルソナ設定と最適な提案

timesofindia.indiatimes.com

早く配達するためには欠かせないのがロケーション・インテリジェンスではありますが、加えて、そのデータを基にしたマーケティング戦略にも関係してきているのが現在です。

今後、フードデリバリー企業が収益を伸ばすためにさらなる進歩を求めて技術者の切磋琢磨は続くようです。

日本のフードデリバリーもAIが業績を左右している

日本のフードデリバリー企業もロケーション・インテリジェンスAIは当然不可欠な存在ではありますが、その技術においてはウーバーイーツが一歩も二歩も先に行っているイメージがあります。

ウーバーイーツ以外のフードデリバリーで配達を体験してみると、それを強く実感します。

待ち時間の少なさ、お客様の元へ最短で届ける配車などはウーバーイーツがダントツです。某国内企業は、まだ人手で配車をしているという話もあり、それを裏付けるように毎年大きな赤字を垂れ流しています。

この業界は、AIがいかに効率よく配車を組み立てるのかが命運を握っていると行っても過言ではなく、AIが企業の未来を左右していると言っても過言ではないという意味では、AIが主となる企業が活躍する世界初のジャンルなのかもしれません。