ブログ運営がうまくいかない時期を乗り越えるために考えるべきこと

ブログ運営

ブログ運営を続ける

その過程には必ずうまくいかない事の1つや2つはあるものです。

でも、そのうまくいかない何かの影響が大きかったりすると、慌ててしまい、パニックのままで何かを判断し、それがのちの後悔に繋がったり・・・ということも往々にしてあるものです。

僕もよくあります。
パニックになり消し去ったブログと記事の数々・・・。泣けてきます。

 

そこで思うのが、そういう逆風の状況下に置かれた時に自分がどう判断して行動すれば良いのかの基準がなかったな・・・ということ。

数値的な基準ではなくて、内側の基準です。

自身の経験も踏まえて、そして、今の自分の内側にある基準を明確にするという意味合いも兼ねて、ブログ運営で逆風に立った時に考えるべきことをあれこれ書きたいと思います。

ブログ運営でうまくいかない時に考えること

結論を先に言いますと、”この先に望む成功があるのならそれはどんな状況でも辞めるべきじゃないし、望む成功がその先にないのなら、辞めたほうがいい。”そう思っています。

うまくいかない時は必ず訪れる

万事、自分の想い通りに上手くいってほしい。
そう思う気持ちはわかりますが、大抵のことは思い通りにはいかない瞬間が必ず訪れます。

そんな事は誰でもわかっているはずなのに、自分にそれが降りかかると「なぜだ・・・」と悩み、己の不運を呪うようになったりもしますが、なんのことは無く、誰にでも必ず訪れるものなのです。

ブログ運営でも上手くいかない時は必ずあります。

SEO的な浮き沈みは常にある

ブログ運営をしていると、SEO的な浮き沈みは必ずあります。

順位が上がった下がったは日々ありますし、インデックスされるされない問題もつきまといます。
それが普通なのです。

良い時もあれば悪い時もあるのが普通なのですが、悪い時には絶望して「向いてない」とか「辞めよう」とか思うようになるものです。

でも、そこで考えるべきなのは、向き不向きではなくて「その先に望む未来があるのかないのか」だけだと思うのです。

うまくいかない時をどう乗り越えたのか

繰り返しになりますが、何事も順風満帆なんてことはありません。
逆境は必ずあります。

それはブログ運営だけではありません。

 

例えば、今は売れている芸人さんでも、売れてない時期に努力を重ねておられます。

千原ジュニアさんは不登校から芸人になっています。
学校体験がスコンと抜けているため、感覚的に何がウケるのかがよくわからなかった。

だから、お笑いのパターンなどを全てノートにまとめていった。それが今の土台になっていると言っています。

 

例えば、やしきたかじんさんは流しをしている時に「1日1曲作れ」と懇意にしている歌手(だったかな)に言われて1日1曲書き続けて、その中から代表曲が生まれたとも言っています。

 

そういう話は売れている人には必ずあるものです。

ある小説家は、執筆の依頼があろうがなかろうが必ず毎日原稿を書いていたと言います。
その習慣があるからこそ、小説家として売れっ子になっても自分のペースで次から次へと作品を残し続けることができています。

上手くいってない時にどうするかで未来が決まります。
そこで辞めるもよし、そこで自分を見直して磨き直すもよし、です。

大切なのは「その先に自分の望む成功があるのか」だと思います。
もし今の先に自分の望む成功があるのなら、踏ん張って、自分を磨く時期なのだと思います。

ブログ運営がうまくいかない時に意識すべき事

”うまくいかない時期=その道はダメ”ではない

うまくいかない時期は今売れている人たちにも必ず一度はあるものですし、そこで辞めずに努力を継続できたからその道で成功しています。

でも、成功した人がそうだったからと言って、続ければ誰しもがうまくいくという保証はないのでは?という疑問もあるかと思いますし、保証を求めるならその通りです。

未来のことで絶対と言えることは人はいずれ死ぬということだけです。

 

ただ、”うまくいかない時期=その道ではダメ”ではないという事だけは事実です。

今うまくいっている人にもうまくいかない時期があった。
そこでもし、うまくいかない時期があるのなら、この道はダメだと結論を出していれば、今はないわけです。

うまくいかない時期にこの道はダメなんだと結論付けなかったから今があるのは事実です。

 

逆に言えば、うまくいかない時期を理由に辞めるという結論の出し方は、何も成し遂げられないという事になるのではないでしょうか?

  • 仕事がうまくいかないから辞めるべき
  • 恋人とうまくいかないから別れるべき

そんな事を言っていると、何も残らないはずです。

うまくいかない時期を乗り越えた先に、望む果実があるものです。

今のやり方、今の習慣を捨てる

うまくいかない時期は、今のやり方、今の習慣でこうなったんだという視点で見るチャンスだと思いますし、そこに突破口があるのだとも思います。

先ほど、やしきたかじんさんが、1日1曲作ると課してやり遂げた結果として代表曲が生まれたと書きましたが、その行動に移るきっかけは、やはり今のままではダメだから何かをしなくちゃと言う動機があったからこそです。

つまり、ダメな時は自分をどんどん変えていこうというシグナルなのです。

 

ブログ運営なら、今までの考え方、やり方では通用しなくなったんだということを受け止めて、積極的に自分を変えていく。

そこに突破口が見えてきます。

上手くいかない時と上手くいく時の差を失くす意識

上手くいかない時と上手くいっている時、この二者間の差が小さければ小さいほど良いと僕は思っています。

同じ生活サイクルを淡々と送る。
それが、どんどん自分自身を豊かにすることに繋がる。

そういう状態に自身を置くことができれば最高最強だと思っています。

 

例えば、毎日インプットとアウトプットを意識的に行うことを僕は意識しています。

アウトプットが豊かさに繋がりますが、良いアウトプットを行うには良いインプットが不可欠です。だからインプットまでを含めて意識的に計画的に行うことができれば、おのずと豊かさを得ることができると考えています。

そして、豊かさを得るようになっても、やるべき事は変わらないとも思うのです。

良いインプットと良いアウトプット。
これを日々繰り返すだけなのだと思っています。

そんなわけで

うまくいかない時期が訪れるとあたふたと慌ててしまうものです。
その場に居るのはダメなのかもしれないと思って動こうとするかもしれません。

ただ、考えるべきことは、これからの自分が何を望むのか、です。

その先に自分の望むことがあるのなら、場所を動くよりも、自分を変える。
それが正解に繋がるかもしれません。

 

春夏秋冬があるように、何事にも冬の時期が必ず来るもので、それを乗り越えた先に春があります。

僕の感覚では、そう信じることができる人が大きな花を咲かせているような気がします。

 

ブログ運営と言えども、そこは同じだと思っています。

ブログ運営
ツイッターやってます

名前:たけし
年齢:40代半ば
性別:男性
住まい:大阪

WEB関係の仕事をしていたが、今はすっかりと離れてしまいました。

でも、ブログ運営は楽しくて、折角だから少しずつブログ運営が上手くなりたいな・・・と思って日々試行錯誤の記録として残しているブログです。

・Google デジタルマーケティング基礎資格 修了

ツイッターやってます
たけWEB
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました